ウェディングドレスが白な理由|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

ウェディングドレスが白な理由

Dress
Blog
ウェディングドレスが白な理由

カテゴリー:未分類

ウェディングドレスが白な理由

皆さま、こんにちは♪
珊瑚の教会の小川です(^^)

皆さまはウェディングドレスはなぜ

が定番なのかご存知でしょうか?

 

諸説ありますが、ウェディングドレスの白が主流になったのは 19世紀、
英国のヴィクトリア女王が結婚式の際に
白いウェディングドレスを着て挙式を行ったことから
またたく間に広がったことが始まりだと言われています。

今でも白は「純白」「純粋」「清楚」といった意味を持ち合わせており
結婚式のイメージにもピッタリ。

また、穢れや悪を払うという意味も込められているんだとか。
白いウェディングドレスには何にも染められていない色であることから、
「これからあなたの色に染まります」という意味があるんだそう。
ロマンチックで素敵ですよね〜♡

 

そんな白のウェディングドレスにも、
様々な体型に合う「Aライン」や
ゴージャスなイメージをもたせる「マーメイド」など
体格に合った様々な形状があります。

当店は約200着ものドレスを所有しておりますので
あなたに合ったぴったりのウェディングドレスが見つかるはず!

今の時期、当店ではプライベートビーチやガーデン撮影に合わせて
バラの形のウェディングドレスも大変華やかでおすすめ!
また、海に入れるように、短めのドレスを選ぶ方もいます。
試着室にはチェアがございますので、
式の本番の際に座ったときのドレスのイメージも見てみてくださいね♪

どれが似合うのかわからない!といったお困りのお客様には
専門のコーディネーターがあなたに合った一着をお選びいたします^^
ドレスをこだわりたいお客様!
珊瑚の教会で素敵なウェディングをお迎えください♪

 

Page Top