沖縄ウェディングのご祝儀はいくら?結婚式の疑問

沖縄ウェディングのご祝儀 気になる結婚式の費用と準備情報

一般的な結婚式のご祝儀は3万円が相場です。
では、沖縄の結婚式のご祝儀はいくらなのでしょう?
今回は沖縄の地元で行われる一般的な結婚式と、沖縄リゾートウェディングのご祝儀の違いについてご説明いたします。

沖縄の一般的な結婚式のご祝儀

驚くことにご祝儀の相場は一律で1人1万円。
職場の上司も遠方からのゲストも1万円です。
本州と違い、沖縄の地元のウェディングに招待されて3万円も包んだら恐縮されてしまいます。
1万円を包むことに不安がある方は、新郎新婦に直接確認してみるといいでしょう。もしくは結婚式に招待されている共通の友人に沖縄出身の方がいれば、ご祝儀について尋ねてみてください。

沖縄の地元の結婚式とリゾートウェディングでは、マナーや風習に大きな違いがあります。
例えば本州の結婚式では新郎新婦がホストですが、沖縄では新郎新婦の両親がホストです。
そのため一般的には下座に座る新郎新婦の両親や親族が特等席に案内されます。
また、沖縄では招待人数が200~300人という規模の結婚式が一般的。
招待人数が多い理由は、ホストである新郎新婦の両親がそれぞれの知人や友人も招待するためです。
食事もフルコースではなく大皿料理で、中華料理のようにターンテーブルに載せられ、好きな料理を取って食べることができます。

 

沖縄リゾートウェディングのご祝儀

ホテルの大きな一室を貸し切り宴会のように盛大に行う沖縄の地元の結婚式と、
「珊瑚の教会」のように絶景の少人数で行うリゾートウェディングでは、
マナーや風習が全く異なります。

沖縄リゾートウェディングのご祝儀は1人3万円と、一般的な本州の結婚式と同じ金額が相場です。
またゲストが旅費を負担する場合は、ご祝儀は不要となるのが一般的。
旅費負担が必要になるかどうかは、事前に必ず新郎新婦に確認しておきましょう。

 

沖縄リゾート婚のゲスト旅費は誰が持つの?

沖縄ウェディングに参列する際、ゲストの旅費を誰が持つのかという決まりはありません。
ただ、新郎新婦が負担してくれるものと思い込んで参列した後で、全額自己負担と伝えられると困ってしまいますよね。

一般的には新郎新婦から結婚式参列の打診と合わせて旅費の話をする場合が多いですが、旅費負担についての話がなく、どうすればいいか分からない場合は、新郎新婦に確認するといいでしょう。
新郎新婦が旅費を負担してくれて、ご祝儀は3万円というのが申し訳ないと心苦しく感じる場合は、自分から旅費の負担を申し出るのもおすすめです。
旅費の負担を断られた場合は、後日ご結婚祝いのプレゼントを贈ると喜んでもらえますよ。

 

沖縄リゾート婚のご祝儀についてまとめ

沖縄リゾートウェディングの際のご祝儀は、一般的な結婚式と同じ3万円です。
沖縄の地元の結婚式では、両親や親族以外は一律1万円なので、違いに気をつけましょう。

沖縄の結婚式に招待されたゲストは分からないことだらけです。
ゲストに気持ち良く参列してもらうために、新郎新婦は前もってご祝儀と旅費についてしっかりと説明しましょう。
その他にも沖縄でのスケジュールや服装についてなど、ゲストに伝えたいポイントはさまざま。
ゲストに関係するあらゆる情報を事前にお伝えすること。
これがトラブルのない結婚式を行う秘訣です。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、素敵なリゾート婚にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました