沖縄で冬のウェディングを楽しもう!

沖縄で冬のウェディングを楽しもう! Uncategorized

沖縄といえばほとんどの皆さんが夏をイメージするでしょう。
当然旅行のハイシーズンも夏。一方、冬になると一般的にイメージが湧きづらいためか旅行客も少なくなります。

しかし、沖縄は「常夏の島」と呼ばれるだけあって1年じゅう夏のような気候が味わえるうえに、冬には冬ならではの魅力もいっぱい。

そこで今回はそんな冬の沖縄を徹底分析。
冬だからこそおすすめしたい沖縄ウェディングの魅力をご紹介しましょう。

過ごしやすい沖縄の冬

いくら沖縄が「常夏の島」だからといっても、真夏のような気候が1年じゅう続いているわけではなく、それなりに四季の移り変わりはあります。

ただし、冬でも冷え込みがきびしくなるようなことはなく、本州に住む人の感覚でいうところの秋を想像してもらうとしっくりくるはず。
着る服も夜になったら肌寒くなるので軽めのアウターは必要ですが、晴れた昼間は半袖で過ごせるくらい。

真夏の沖縄は日差しが非常に強くじりじりと照りつけますが、冬の日差しはぽかぽかと気持ちが良いので、観光で長時間外を歩く場合もじっくりと楽しめるでしょう。

ウェディングにも最適

沖縄の夏の平均気温は29度。本州と比較するとやはり2〜3度ほど高くなっています。

近年では東京でも30度を超える真夏日が増えているので沖縄だけが暑いというわけでもありませんが、本州で特に暑いと言われる日が沖縄の夏の日常といったところでしょうか。
とにかく、沖縄の夏は暑いです。

沖縄ウェディングといえばビーチでのウェディングフォト撮影が欠かせませんが、水分補給などをしていても日陰のないビーチでは体力を奪われたり、体調を崩してしまったりするケースも。
その点、冬の沖縄なら過ごしやすい気候なので快適にウェディングフォトの撮影に臨めます。

 

台風がなく雨の日も少ない

台風がなく雨の日も少ないchillmaリゾート自慢のヴィラに宿泊してみませんか。
沖縄旅行に人気の6〜10月は台風シーズンでもあります。特に旅行のハイシーズンとなる7〜9は台風もピーク。
過去には4月や11月にも台風が上陸したことがあるようです。

せっかくの沖縄ウェディングが台風と重なるなんて、できれば避けたいもの。
ホテルから外に出られないどころか、飛行機が飛ばずに沖縄に行けない・帰れない可能性もあります。

その点、冬の沖縄なら本州と同じく台風が来ることはありません。
過去にも12〜3月の冬季に台風が沖縄に上陸したことは1度もありません。

また、冬の沖縄は降水量自体が少ないのも特長。ウェディングが雨の日に当たりづらいのも冬の沖縄の魅力です。

海に入ってウェディングフォトを撮ることも可能

沖縄の位置は「黒潮」よりも南。つまり、沖縄には熱帯域から海水が流れてくるため、1年じゅう 20度以上の水温を安定して保っています。
冬の平均気温は17〜18度ですが、水温の平均は21〜22度。つまり、特に暖かな日でもなければ沖縄の冬は陸上より海の方が温かいと言えるのです。

そのため、冬の沖縄でビーチフォトを撮影するなら「トラッシュ・ザ・ドレス」がおすすめ。
トラッシュ・ザ・ドレスとは、結婚式が終わった花嫁が2度とウェディングドレスが着られないよう意図的に水や泥などで汚すこと。パートナーへの愛の証明する西洋の習慣です。

冬でもそのトラッシュ・ザ・ドレスを行うことができるのも沖縄ウェディングのメリット。特別寒い日でもない限り、撮影中に海に入っても風邪をひくようなことはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました