沖縄リゾートウェディングの気になる疑問集 vol.1

沖縄リゾート婚の気になるアレコレ 沖縄リゾート婚ガイド

国内リゾート婚と言えば、沖縄を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
沖縄のリゾート婚であれば、万が一の病気やケガをしても保険適用でき、言葉の壁もないため、高齢者や小さなお子様連れのウェディングでも安心です。
しかしリゾート婚を挙げるにあたって、不安なことや心配事がある方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな沖縄でリゾートウェディングを挙げる際に気になる疑問を解消していきましょう。

気になる疑問1 沖縄リゾート婚にはどのくらいの人数を呼ぶの?

あなたは結婚式にたくさんの親族や友人、職場の方を呼びたいですか?
それともご家族だけで、もしくはご家族と親密な友人のみの少人数で結婚式を挙げたいですか?
沖縄リゾート婚は、どちらかというと後者の方におすすめです。
多くの新郎新婦がお互いのご家族のみ、もしくはご家族と数人の友人といった少人数で結婚式を行っています。
リゾートウェディングの平均招待人数は10人~20人程度。
もちろん、40人ほどの招待客を呼ぶ方も中にはいらっしゃいます。
少人数ウェディングのメリットは、大切な方との時間を大事にできることです。
普通の結婚式では挨拶程度しか会話ができませんが、少人数なら一人ひとりとゆっくりお話しができます。
新郎新婦とゲストの距離が近いのが特徴的です。

 

気になる疑問2 沖縄リゾート婚のゲストの服装は?

せっかく沖縄で結婚式を挙げるなら、ゲストの服装にドレスコードを決めるのもおすすめ。お揃いのブライズメイド衣装を着てもらったり、かりゆしウェアを着てもらうのもいいでしょう。
特にかりゆしには「縁起の良い」「めでたい」と言う意味があるため、結婚式のゲストに特におすすめの服装です。
かりゆしウェアは鮮やかな色合いのものが多いため、華やかな雰囲気の結婚式になります。
かりゆしというとシャツのイメージが強いかもしれませんが、女性用のかりゆしワンピースもあります。
沖縄までお二人をお祝いに来てくれたゲストも、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

 

気になる疑問3 沖縄リゾート婚の最適な時期は?雨が降ったら?

沖縄リゾートウェディングの一番人気の時期は3月~5月。
気温も暖かくなり、昼間は半袖一枚で過ごすこともできる気候です。
沖縄の春は冬の寒さも消え、肌を刺すような日差しも台風もない、まさにウェディングシーズン。
とはいえ、天気が変わりやすい沖縄でのウェディング。
「雨が降ったらどうするの?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
雨が気になる場合は、突然の雨を演出として活用するのもおすすめです。
例えばチャペルから移動する際の急な雨に備えて、ゲストの皆様にウェディングの雰囲気に合った上品な折り畳み傘を配っておくのも素敵な演出。
これならむしろ「雨が降らないかな」と楽しみになってしまうかも!?

 

気になる疑問4 沖縄リゾート婚の旅費や宿泊費は?

沖縄リゾート婚では「旅費や宿泊費はどうすれば?」という疑問が浮かぶでしょう。
旅費や宿泊費については、友人のゲストの旅費か宿泊費のいずれかを新郎新婦が負担するケースが多いです。
沖縄リゾート婚の旅費と宿泊費の相場は、お一人7〜8万円程度。
招待予定のゲストに直接「旅費・宿泊費の負担について」相談するのもいいでしょう。
ゲストによってはスケジュール調整の都合上、自己負担で自由に予定を組んだ方が助かる場合もあります。
また、旅費と宿泊費をゲスト負担でお願いする場合は、ご祝儀を受け取らないことを事前にお伝えしておきましょう。

 

珊瑚の教会では「ビーチウェディング」や「ガーデンウェディング」、「インフィニティウェディング」といった屋外挙式をご用意しておりますが、台風や雨など天候不順の際はチャペルウェディングに変更できます。ご安心くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました