オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

キリスト教式と人前式の違い|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

キリスト教式と人前式の違い

キリスト教式と人前式の違い

チャペルでの結婚式というと以前はキリスト教式が主流でしたが、ここ数年は人前式を選ぶカップルが増えてきています。
キリスト教式と人前式の違いは何なのでしょう?
沖縄で結婚式を挙げる際には、どちらの挙式スタイルが合っているのか考えて参考にしてください。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合

キリスト教式とは、牧師さんの前で神様に愛を誓うセレモニーになります。新郎新婦は十字架と牧師様の方角を向いて、結婚式が進行。ゲストには背中を向ける形になります。
挙式は全て牧師さんが取り仕切り、新郎新婦が声を出すのは「はい、誓います」と答えるときだけ。緊張しやすい方におすすめです。
キリスト教式は、カメラやビデオ撮影が禁止の場所もありますが、沖縄のオーシャンビューチャペル珊瑚の教会ではゲストが撮影するのも禁止しておりません。ただし、プロカメラマンが入りますので、ゲストの方には写真撮影よりも式に集中していただけると幸いです。

■キリスト教式の流れ

■キリスト教式の流れ
キリスト教式の流れ
こんなカップルにおすすめ

こんなカップルに
おすすめ

キリスト教式は、神聖な雰囲気を強く感じる結婚式となります。
そのため、伝統的で形式的な挙式スタイルに憧れを持っている新郎新婦におすすめです。
また、ゲストに背中を向けるため、恥ずかしがりやの方にも人気。
キリスト教徒でなくても、キリスト教式で結婚式を行うことができますのでご安心ください。

人前式の場合

人前式の場合

人前式は、宗教にとらわれず挙式をすることができるスタイルで、参列するゲストの皆様に対して結婚を誓います。新郎新婦がゲストの方を向いて、結婚式が進行。司会は牧師さんではなく、人前式に精通した司会者が行います。
人前式では、誓いの言葉はお二人で考えたものを使います。キリスト教式のような決まりきった形式はありません。
「あいうえお作文」を作って二人で読み上げたり、「私にはこんな短所がありますが、それでも永遠の愛を誓ってくれますか?」と相手に問いかけたり。時にはゲストから笑いがおこることも。
お二人らしい言葉で、沖縄のチャペルで永遠の愛を誓ってください。

■人前式の流れ

■人前式の流れ
人前式の流れ
こんなカップルにおすすめ

こんなカップルに
おすすめ

人前式は、格式張った形式があるわけではありません。そのためオリジナリティあふれる人と違った結婚式を挙げることが可能です。アットホームな雰囲気にしたい、明るく楽しい結婚式にしたいと考えている新郎新婦に特におすすめ。
宗教に関係のない挙式方法のため、無宗教や他の宗教を信仰していてキリスト教式には抵抗を感じることがある方にも選ばれやすいスタイルになります。

■アフターセレモニーで自分たちらしさを

アフターセレモニー

キリスト教式を行った方も、人前式を行った方も、アフターセレモニーで自分たちらしい結婚式にすることが可能です。
チャペルから一歩外に出れば、沖縄の碧い海と青い空が広がります。沖縄の美しい景色の中で、フラワーシャワーやバルーンリリースなど、自由に演出を組み込んでください。
沖縄で挙げる結婚式が後悔のないよう、自分たちがどんな演出を行いたいのか、ぜひ一度考えてみてください。

沖縄ウェディング・結婚式にお役立ち

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top