沖縄の正装かりゆしウェアでリゾートウェディング|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

沖縄の正装かりゆしウェアでリゾートウェディング

沖縄の正装かりゆしウェアでリゾートウェディング

沖縄の正装と言えば、「かりゆしウェア」
沖縄のリゾートウェディングでは、お揃いの「かりゆしウェア」でご家族やご友人が参加して、
思い出に残るウェディングフォト撮影をされるカップルが増えています。
「かりゆしウェア」の歴史やアロハシャツとの違いなどをご紹介します。

かりゆしウェアの歴史

かりゆしウェアは1970年に沖縄観光をPRするため、沖縄の観光連盟の当時会長であった宮里定三氏の発案した沖縄シャツが始まりとされています。
最近のかりゆしウェアは絵柄もカラーもバリエーションが豊富ですが、当時は紅型や八重山ミンサーなどの柄が主流で、一般向けではなく旅行会社やツアーコンダクターの方が着用していました。
「沖縄シャツ」というネーミングで約20年着用促進をしてきましたが、なかなか認知度が上がらず1990年に「かりゆしウェア」と改名しました。

その後、2000年の九州・沖縄サミットで各国の首脳が着て記念撮影し、「かりゆしウェア」の認知度がアップし、定義が現在のものに改定され、絵柄やカラーも増えたことで出荷枚数も伸びています。
かりゆしウェアの製造枚数はサミットが開催された2000年は約11万枚でしたが、2018年には約42.5万枚製造しており普及していることが分かります。
沖縄ではさらに「かりゆしウェア」を推進するために、沖縄県庁や自治体では知事をはじめとする職員、地方議員は4月から11月は「かりゆしウェア」を着用し業務に当たっています。
毎年6月のクールビズ期間には環境大臣など閣僚も着用し、全国的に知られるようになりました。

かりゆしウェアとアロハシャツとの違い

かりゆしウェアはアロハシャツをモチーフに作られているので、基本的なデザインはアロハシャツと同じ半そでの開襟シャツです。
ハワイのアロハシャツも元々は日本の着物をシャツに作り変えたのが始まりと言われており、日本人に馴染みのある服と言えるでしょう。
アロハシャツがハイビスカスやパイナップルなどハワイらしいモチーフのデザインに対し、
かりゆしウェアは沖縄らしさを取り入れたデザインが採用されています。
沖縄の代表的な花であるデイゴやシークワーサーなどのフルーツ、沖縄に古くから伝わる琉球紅型や琉球絣などもかりゆしウェアには用いられています。
かりゆしシャツはスラックスと革靴を合わせて着こなすことも、ハーフパンツなどカジュアルに着こなすアロハシャツとの違いでもあります。
「かりゆしウェア」は沖縄県衣類縫製品工業組合により商標登録されており、2つの定義があります。

①沖縄県で作られていること。 ②沖縄らしいデザインであること。

この2つの定義とかりゆしウェアの製造に必要な技術を持っている者にタグ付けが許されています。

沖縄の正装「かりゆしウェア」

沖縄では「かりゆしウェア」は最初はオフィスウェアとして普及したので、中高年の服装のイメージがありましたが、一般的に認知されてくると、女性用のワンピースや子供服、喪服などデザインや柄のバリエーションが増えていきました。
ハワイのアロハシャツが正装として結婚式など冠婚葬祭でも着られるように、かりゆしシャツも同じように着用されています。
特にビーチウェディングなど沖縄のリゾート婚の人気が高まるのに合わせて、かりゆしシャツで参加する方も増えています。

かりゆしウェアでウェディング

沖縄でリゾートウェディングをするカップルは年々増えており、沖縄での挙式らしく南国を感じさせるウェディングフォトを残したいというカップルも。
ビーチウェディングなど海を背景にして、お揃いのかりゆしウェアでご家族やご友人とウェディングフォト撮影。
ブライズメイドやグルームズマンをご友人にお願いする際に、定番のタキシードやドレスではなく
「かりゆしウェア」で揃えると沖縄らしさを感じることができます。
また新郎新婦も、パーティーではお揃いのかりゆしウェアで登場するなど、沖縄リゾートウェディングを演出するにはぴったりのアイテムです。

珊瑚の教会(chillmaリゾート)の魅力

沖縄リゾート婚ガイド

沖縄リゾート婚におすすめの衣装と小物ガイド

気になる結婚式の費用と準備情報

沖縄フォトウェディングの魅力

愛を再び誓うバウリニューアル

沖縄インフォメーション

沖縄おすすめスポット一覧

沖縄で結婚式【リゾート婚】・体験者の声

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top