沖縄ウェディングの服装 男性編|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

沖縄ウェディングの服装 男性編

沖縄ウェディングの服装 男性編

結婚式にゲストとして参列する際、男性はスーツを着用するのが一般的。
ですが、沖縄ウェディングの場合、話は少し変わってきます。
今回は沖縄の結婚式で着る男性の服装についてご案内しましょう。

沖縄の一般的な結婚式ってどんなもの?

沖縄に住む現地の方の結婚式はとにかく規模が大きく、ゲストの人数が200人~300人というのは珍しくありません。なかには一般人でありながら500人を越える規模の結婚式を行う方も。
「そんなに大人数になるなら、服装はしっかりスーツを着なくては」と思った方も多いでしょうが、沖縄の結婚式はアットホームでくだけた雰囲気。お酒は乾杯前から飲みますし、料理はフルコースではなく大皿料理で好きなだけ食べることができます。
大人数で祝う宴のような雰囲気になるため、カジュアルに近い服装で参列するのが一般的です。
実は沖縄では、かりゆしが夏の正装。仕事にも着用されています。

かりゆしウェアについて

かりゆしは、「おめでたい」「縁起が良い」と言った意味をもつ沖縄方言です。そのため、お祝いごとで着るのにおすすめ。
かりゆしのメリットは、何と言っても首元の締め付けが気にならないこと。第一ボタンを開けていても良いので、ゆったりと着ることができます。
最近では、かりゆしに似たポロシャツ素材の「ぽろゆし」というシャツが販売されています。こちらはカジュアル過ぎるため、結婚式には避けるのが無難です。

冬の結婚式の服装は?

沖縄の夏の正装はかりゆしですが、冬はどうなると思いますか?
正解は、冬でも暖かい日はかりゆしを着ても問題ありません。
寒い日は、スーツを着用するのが一般的となりますが、年配の男性の中には、ジャケットの下にかりゆしを着て、温かい室内でジャケットを脱ぐという方も。

アロハシャツはOK?NG?

かりゆしウェアは持っていないけれど、アロハシャツなら持っている。そんな方もいらっしゃるでしょう。
かりゆしとアロハシャツは似ていますが、沖縄県民からすると、全くの別物。そのため、アロハシャツはNGです。
かりゆしウェアとアロハシャツの違いは柄にあります。沖縄らしさを表現している柄がかりゆしウェアと言われており、形状やデザインは同じです。

リゾート婚の場合は?

珊瑚の教会では、結婚式利用の多くの方が、沖縄出身ではありません。そのため、新郎新婦の意向に合わせて服装を選べば良いと言えるでしょう。
「スーツで参列してもらいたい」という方もいれば、「せっかく沖縄で挙げるのだから、冬でもかりゆしを着てもらいたい」という方も。
そして、「アロハシャツではダメか?」と相談すれば、「アロハシャツでも良いよ」と応える新郎新婦も多いでしょう。

珊瑚の教会(chillmaリゾート)の魅力

沖縄リゾート婚ガイド

沖縄リゾート婚におすすめの衣装と小物ガイド

気になる結婚式の費用と準備情報

沖縄フォトウェディングの魅力

愛を再び誓うバウリニューアル

沖縄インフォメーション

沖縄おすすめスポット一覧

沖縄で結婚式【リゾート婚】・体験者の声

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top