オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

気になる沖縄のお天気事情|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

気になる沖縄のお天気事情

気になる沖縄のお天気事情

沖縄のチャペルやビーチでリゾート婚を考えている新郎新婦にとって、気になるのがお天気でしょう。
今回は沖縄のお天気事情をお伝えします。

夏も過ごしやすい!?

亜熱帯気候の沖縄は、年間の平均気温が20度を超えます。
そのため、沖縄の夏は暑い!!というイメージをもたれがちですが、実は沖縄は30度を超えることは少なく、最高気温は東京や大阪などよりも低いのです。
日中でも日陰では心地の良い風がふき、陽射しが厳しいことをのぞけば過ごしやすいと言えるでしょう。
ただし紫外線はとても強いため、日焼け止めクリームは必須です。

冬は温暖だけど意外と寒い

冬の沖縄は、温かいと思われがち。たしかに、真冬でも10度を下回ることは滅多にありませんが(むしろ20度を超えることもありますが)、意外と海風が冷たいのが特徴。油断をすると後悔することになりますので、風を通さない上着を持っていきましょう。
また、冬でも紫外線が強いため、日焼けしてしまいます。ウェディング前に日焼け止めを使わずに沖縄旅行を満喫して、日焼けした花嫁さんになってしまったと後悔する声も耳にしますので、日焼け止めはしっかりと塗ってください。
ウェディングの後に海水浴を楽しみたい方には、5月~10月がおすすめです。

沖縄の台風

夏場に沖縄でウェディングを行うとなると、気になるのが台風です。
那覇市から半径300km圏内に台風の中心が接近する回数を平均化すると、統計では8月に1回、9月に1回。台風の影響を感じるのは2~3日と考えると、10分の1の確率で台風に遭うと言えるでしょう。
台風に遭いたくないのなら、8月~9月は避けることをおすすめします。
おすすめは、梅雨明けの6月末と10月以降です。特に11月は旅費が安く天気も良いことが多いです。

沖縄の梅雨

雨の日のウェディングは避けたいと思っている新郎新婦が気を付けたいのが、沖縄の梅雨。
私たちが思っている以上に沖縄の梅雨入りは早く、例年はゴールデンウィーク後から梅雨入りし、6月下旬には梅雨明けします。ただし、梅雨明けから10日間は晴れる確率が非常に高いです。
また梅雨とは違いますが、12月~2月も雨が多い季節です。3月~4月くらいには天気が安定し、4月には海開きをする地域が多く、初夏の陽気を楽しめます。

もしも雨になってしまっても

沖縄でのウェディングが雨になってしまったら・・・それは、新郎新婦にとって心残りになるものなのでしょうか?
珊瑚の教会で、実際に雨に降られてしまった新郎新婦やご家族様にお話しを聞きましたところ、「曇り空だったが雰囲気があって良かった」「雨だったがチャペル内での撮影が想像以上に良くて心残りにはならなかった」といった声をきくことができました。
チャペルのガラス窓越しに荒れた海が見えるウェディングフォトも斬新ですよね。雨になってもそのことを楽しむくらい余裕を持ってリゾート婚をお楽しみください。

沖縄ウェディング・結婚式にお役立ち

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top