改めて愛を誓うバウリニューアルとは?

改めて愛を誓うバウリニューアル 愛を再び誓うバウリニューアル

「バウ・リニューアル」という言葉を聞いたことがありませんか?
バウ・リニューアルとは、結婚式で誓った愛を改めて誓い合うセレモニーです。
そのため結婚式を挙げていなかったご夫婦や、結婚式から長い年月を経てさらに絆を深め合いたいと考えているご夫婦におすすめ。
今回は、近年話題の「バウ・リニューアル」について詳しくご紹介いたします。
沖縄の美しい景色の中で、最愛の人ともう一度、絆を深める儀式を行ってみませんか?

バウリニューアルとは?

バウ・リニューアルの”バウ”は英語で「誓い」、”リニューアル”は「復活・更新」という意味で、直訳すると「誓いの更新」。
もともと欧米の風習で、結婚している男女がお互いの愛を”再び”誓い合う儀式です。
バウ・リニューアルでお互いに感謝の気持ちを伝え合い、一緒に過ごしてきた年月を祝います。
結婚5年目、10年目、20年目などの結婚記念日や家族の節目の記念日に行われることが多いですが、いつどんなタイミングで行っても問題ありません。
そのため家族旅行と合わせて、リゾート婚の場所としても人気の沖縄でバウ・リニューアルを行うご夫婦もいらっしゃいます。
バウ・リニューアルの手順は通常の結婚式とほぼ同じですが、
披露宴を行わないため、家族で少し特別な食事をする方が多いです。

バウリニューアルの目的・場所・予算は?

バウリニューアルをするにあたり、事前に考えておくこと・決めておくべきことがあります。

バウリニューアルの目的は?

バウ・リニューアルの目的は、

  • 家族の絆を深めるため
  • お互いに感謝の気持ちを伝えるため
  • もう一度結婚式をやりたい
  • 離婚寸前だったけれど乗り越えたので、再出発の証として
  • 子どもに「あなたのおかげでより強い絆が生まれた」と伝えたい

など、実に人それぞれです。

またバウ・リニューアルを行う理由も、

  • 友人の話を聞き、真似したいと思ったから
  • 芸能人がやってる映像を見て素敵だと思ったから

など人それぞれ。
バウリニューアルをする際は、ぜひご夫婦で「目的」をしっかりと決めておくと、より素敵なバウリニューアルができますよ。

バウリニューアルの場所や予算は?

バウ・リニューアルの場所で多いのは、旅行先のリゾート地で挙げるパターンです。
特に沖縄は観光地として、リゾート婚の地としても人気が高く、バウ・リニューアルにおすすめ。
過去に結婚式を行った会場やプロポーズされた思い出の場所なども人気です。

また、会場選びの際に気になるのが予算ではないでしょうか。
バウ・リニューアルは、結婚式と違いご祝儀がありません。
どのくらいの予算で行いたいのか、チャペル挙式にするのかフォトウェディングにするのか等、しっかりとお二人で話し合っておきましょう。

バウリニューアルの誓いの言葉

バウ・リニューアルをより特別な記念日にするためには、誓いの言葉はぜひオリジナルの文章で述べましょう。
お相手に伝えたい気持ちを自分の言葉で考えて伝えれば、一般的な誓いの言葉とは異なる感動が味わえます。
オリジナルの言葉がなかなか思い浮かばない場合は、お互いが好きな映画や本のフレーズを用いるのも素敵。
普段なかなか伝えられないでいるお相手への感謝の気持ちを、この機会にしっかりとお伝えください。

 

サプライズ・バウリニューアル

夫から妻に、妻から夫に、秘密でバウ・リニューアルの計画を行う方も多いです。
しかし素敵なサプライズにするためにはいくつか大事なポイントがあります。
サプライズ・バウ・リニューアルでは、自己満足にならないよう、ご自分の好みではなくお相手の好みを優先することが大切です。

お相手に喜んでもらうこと、お相手を喜ばせることを積極的に考えてみましょう。

ご両親へバウ・リニューアルをプレゼントするのも素敵です。
ご両親の結婚記念日に沖縄旅行をプレゼントして、家族で旅行に行き、その滞在先でさらにサプライズのバウ・リニューアルを行うのもいいでしょう。
仲違いしていたようなご両親でも、思わず笑顔になって愛を再確認したくなることでしょう。

 

バウリニューアルの申込は?

結婚式と同じように、お気軽にご相談ください。
ご相談いただく際にバウ・リニューアルであることをお伝えいただければ、バウ・リニューアルとしてお承りいたします。
沖縄リゾートの美しい景色は、お二人のバウ・リニューアルを鮮やかに彩ること間違いありません。チャペルやビーチ、ガーデンやプールサイドで行う、誰もが憧れる沖縄リゾート婚を、バウ・リニューアルで叶えませんか?

珊瑚の教会・お問い合わせはこちら
https://www.coral-chapel.com/contact

タイトルとURLをコピーしました