オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

今帰仁城跡|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

今帰仁城跡

沖縄スタッフおすすめの観光スポット

沖縄の美しい海と古宇利島を一望できるチャペルでリゾート婚を行うことのできる珊瑚の教会をご利用いただくなら、是非訪れていただきたい沖縄スタッフおすすめの観光スポットをご紹介します。結婚式終了後や結婚式後日、ぜひお出かけください。

今帰仁城跡

今帰仁城跡

沖縄のチャペル・珊瑚の教会のスタッフがおすすめする、沖縄ならでは特別スポット。今回は、世界遺産にも登録されている今帰仁城跡についてご紹介します。結婚式に参列された皆様と、ぜひ世界遺産をお楽しみください。

世界遺産にも登録されている、沖縄北部の伝統的グスク

世界遺産に登録されている古いグスク(城)、今帰仁城跡は、結婚式場chillmaより車で約25分。古い歴史をもち、その記録は13世紀までさかのぼると言われています。
今帰仁城は、標高約100メートル。堅牢な城壁に囲まれ、やんばるの地を守っていました。
しかし中山軍(ちゅうざんぐん)に、攀安知(はんあんち)時代に滅ぼされてからは、監守が派遣されるようになります。1665年に最後の監守が引き上げた後は、祭りを執り行う場所として残されました。
周辺には今帰仁城跡にまつわる史跡が周辺に点在しているので、ぜひ足を伸ばしておきたいものです。昔の今帰仁村跡をはじめ、ハンタ道と呼ばれる古道、ノロ(神女)の屋敷跡などがあり、ガイドブックには載っていないような歴史的なスポットも多数存在しています。

ウェディングスポットとしても人気

琉球七御嶽の一つとされる、今帰仁城跡は神聖なる場所として古くから祭られています。夫婦となるふたりの婚儀の報告をすると神からの最高の祝福を受けられると言われ、次のような伝説が残っています。
その昔、天帝の命を受けた阿摩美久(あまみく)という神が琉球諸島を創りだし、夫婦の神を島に遣わしました。夫婦は三男二女の子を授かり、子供たちはそれぞれ、国王、諸侯、農民、高位女神、「ノロ」の祖先となったと言われています。

備瀬エリアとともにウェディングを行うカップルに人気を集め、琉装やウェディングドレスで結婚式を挙げるカップルも増えてきています。

住 所:
沖縄県国頭郡今帰仁字今泊5101番地
アクセス:
那覇空港から車(一般道)で約 2時間30分
路線バス:本部循環線今帰仁村字今泊今帰仁城跡入口下車徒歩15分

沖縄スタッフおすすめの観光スポット

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top