オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

斎場御嶽(せいふぁーうたき)|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

沖縄スタッフおすすめの観光スポット

珊瑚の教会がある沖縄本島の北部は、手付かずの自然が残る緑豊かな美しい観光スポットです。
それでは、沖縄本島の南部はどんな場所でしょう?歴史感じる南部にも、人気の観光スポットがたくさんあります。
今回は、チャペルでリゾート婚を挙げた後日、新婚旅行でお出掛けしたい厳粛な沖縄のパワースポット「斎場御嶽」について
ご案内いたします。

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

世界遺産に登録された、神聖な聖地

2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の1つとして世界遺産に登録された斎場御嶽。「斎場」とは「最高位」という意味をもち、「御嶽」とは「南西諸島に広がる聖地」のことです。つまり斎場御嶽は、琉球王国最高位の聖地として敬われてきました。
美しい自然、美しい景色が広がる聖地では、神女たちが琉球王国の繁栄を祈っていたのです。

世界遺産に登録された、神聖な聖地

斎場御嶽の伝説

琉球(沖縄本島)を創った神として知られる【アマミキヨ】が、斎場御嶽を創ったと言われています。
神の島と呼ばれる久高島の白い砂を御嶽全体に敷き詰め、琉球王国の国家的な祭事が粛々と執り行われてきました。琉球の国王と土地を守護する最高神職【聞得大君(きこえおおきみ)】の就任儀式のお新下り(おあらおり)が行われていた場所として有名です。
そして今もなお、沖縄住民の信仰を集める聖なる空間として大切に崇められています。

斎場御嶽の伝説

沖縄で最も強力なパワースポット

パワースポットが好きなカップルは多く、よくデートで周っている方を見かけます。斎場御嶽は特に強いパワースポットのため、人気が高い聖なる場所です。昔は男性の立ち入りは禁止されていましたが、今は男性も入ることができます。ただしルールとして、男性は入場する際に「失礼します」と声を掛けるようにしてください。
また場内に入る際、姓名・出身地・現住所・訪れた目的を御嶽に伝えましょう。沖縄では先祖にお参りする際、手を合わせて自己紹介をする文化があるのです。
神聖な場所ですので、謙虚な気持ちで順路を周るようにしましょう。他の人がお祈りをしている場面を見かけることも多いですが、遮らないようにすることも大切です。
もちろん、御嶽内のものは持ち出し禁止ですし、ゴミを捨てて帰ることも禁止です。

沖縄で最も強力なパワースポット

斎場御嶽のみどころ

斎場御嶽で特に人気が高いのが、三庫理(サングーイ)。15,000年前の地震により地層がずれ、三角形の形の洞窟がうまれました。洞窟の奥からは太陽の光が照らされ、幻想的な空間をお楽しみいただけます。
場内には6ヶ所の神域(イビ)があります。中には触れることを禁止されているものもありますので、注意してください。
ガイドツアーを利用すればより斎場御嶽について知ることができ、パワーを享受できることでしょう。

沖縄で最も強力なパワースポット

観光の際の注意事項

所要時間は1時間程度ですが、歩きにくい道や滑りやすい道があります。運動靴など歩きやすい靴で行きましょう。
夏に行く場合は、汗をふくためのタオルと飲み物は必須。また、自然豊かな場所ですので虫よけスプレーを塗っておくことをおすすめします。

観光の際の注意事項

沖縄スタッフおすすめの観光スポット

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top