オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

沖縄の基本情報|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

沖縄の基本情報

沖縄の基本情報

かつては琉球王国と呼ばれ、独立国として栄えていた沖縄は、今では、自然豊かな人気リゾート地として、日本国内や海外から毎年多くの観光客が訪れています。
チャペルやビーチなどでリゾート婚を挙げる方や、ビーチフォトを撮影する方も年々増え、理想通りの結婚式ができると評判です。
大人気のリゾート地、沖縄について、基本情報をお伝えします。

沖縄の基本情報

沖縄へのアクセス

全国各地からさまざまな航空会社が運航しています。JALやANAが一般的ですが、格安航空会社も参入し、とても便利です。那覇空港着と石垣空港着がありますが、結婚式場珊瑚の教会に行く際は那覇空港が便利です。
日本国内からだけでなく、台湾・中国・韓国などの海外からも直行便が出ており、外国人観光客の姿も見かけます。また、飛行機だけではなく、大阪・神戸や鹿児島よりフェリーも運航。那覇空港近くの「とまりん(泊ふ頭ターミナルビル)」が発着ターミナルです。
羽田空港から那覇空港までは、約2時間半。お子様連れや高齢者の移動も楽なうえ、言葉の壁もありません。家族でリゾート婚を楽しみたいと言う方に、沖縄での結婚式はとても好評です。

沖縄へのアクセス

沖縄の交通

沖縄本島の移動方法は、路線バス・タクシー・レンタカーが中心です。那覇空港から首里駅までは「沖縄都市モノレール線(ゆいレール)」が走っています。
数日間の滞在ならレンタカーがおすすめ。一定の金額で乗ることのできるシャトルタクシーも便利です。沖縄のタクシーは初乗り料金が500円前後でお安くなっています。観光タクシーは乗務員のガイドを聞けるので、こちらも人気。
レンタカーご利用の方には、高速道路の利用がおすすめ。沖縄自動車道は利用料金が安く、那覇空港自動車道は無料です。一般道を朝・夕方走る際は、バスレーンにご注意ください。

沖縄の交通

沖縄の地形

日本列島の南西に位置する沖縄県は、約160個の大小の島から成り立っています。中でも一番大きな沖縄本島は、面積約2281平方キロメートル。南北に伸びた地形をしています。
北部は、手つかずの自然が広がり、美しいリゾート地として人気。中部は、「やむちんの里」と呼ばれ、伝統工芸が盛ん。そして南部は歴史を感じる観光スポットが多数あります。石垣島や八重山諸島などの離島も本島とは違う雰囲気があり、県内どこへ出掛けても魅力にあふれています。
珊瑚の教会で結婚式を挙げる皆様は、まずは本島北部の美しい自然を満喫ください。

沖縄の地形

沖縄の気候

1年中暖かい沖縄は、平均気温20度以上。10度以下になることは滅多にありません。しかし、12月から4月くらいまでは風が強い日が多く、体感温度は気温以下。
また、結婚式をおこなう皆様に気を付けていただきたいのは、日焼けです。沖縄は紫外線が強く、予想外に日焼けしやすいもの。日焼け止めを塗らずにビーチに出掛け、やけどになり病院での治療が必要になったという実例も。くもりの日でも、日焼け止めは忘れずに。

沖縄の気候

沖縄の天候

沖縄の日照時間は、全国平均で35位。晴れの日数も35位です。
意外に思われた方もいらっしゃるでしょうが、海に囲まれているため、雲の発生が多いのが理由の1つ。それでも沖縄でのリゾート婚やビーチフォトの人気が根強いのは、美しい自然が魅力的だから。梅雨時期なら、スコール後の入道雲を背景にビーチフォトを撮影したいものです。
天気の良い日に結婚式をしたいと言う方へのおすすめは、冬。乾季になるため、晴れる確率が高く、素敵な写真を撮影できます。3月頃から日照時間が長くなり、優しい陽射しの中で素敵な写真が撮れるでしょう。

沖縄の天候

沖縄ウェディング・結婚式にお役立ち

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top