オアフ島 ハワイ島 沖縄ウェディング

ブライズメイドファッションガイド|沖縄で結婚式・ウェディング~珊瑚の教会

ブライズメイドファッションガイド

ブライズメイドファッションガイド

海外ドラマなどで時折見かける、海外ウェディングの定番ブライズメイド。
ここ数年は、日本国内の結婚式でも取り入れる方が増えてきています。
とは言え、「ブライズメイドって何だろう?どんなことをする人なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、結婚式をより華やかに彩ってくれるブライズメイドについてお伝えいたします。
沖縄のチャペルでリゾート婚を挙げるのなら、ぜひブライズメイドを取り入れてみませんか。

ブライズメイドとは?

結婚式で花嫁に付き添い、おそろいの服(もしくは同じような服装)で、挙式や披露宴のサポートをするのがブライズメイドです。新婦の友人や身内など、未婚の女性がその役割を担います。
ちなみに、新郎の友人や身内が行なうサポートはグルームズマン(アッシャー)と言い、ブライズメイドとグルームズマンは同じ人数にそろえるのが一般的。人数は、結婚式の規模により異なり、2~5人程度で務めることが多いです。
中でも、ブライズメイドの代表的な立場のメイド・オブ・オナーは、信頼できる一番親しい人にお願いしてください。新婦のドレス選びや結婚式の企画をサポートしてくれ、精神的にも頼ることになる心強い味方となります。

ブライズメイドとは?

ブライズメイドの起源

中世ヨーロッパでは、結婚式当日に幸せそうな新郎新婦をねたんだ悪魔がやってくると信じられていました。そのため、同じような服装の女性たちが付き添いをすることで、悪魔から新婦を守っていたと言われています。例えば挙式では、花嫁よりも先にバージンロードを歩き、悪魔を惑わすのです。
ブライズメイドは新婦のドレスを直すなどさまざまなお世話をやき、結婚式当日は忙しく立ち回ることになります。

ブライズメイドのおすすめファッション

ブライズメイドの服装は、同じような服装でそろえるのが基本。
全員同じドレスを着用する方もいれば、色を合わせ、デザインやシルエットはあえて不揃いにする方も。色を合わせるだけでも統一感があり、華やかになります。
色は、ピンクや水色、淡い緑、オレンジ、黄色など。華やかで可愛らしい色が主流です。
日本の結婚式では、ノースリーブで昼間の結婚式に出席するのはマナー違反にあたりますが、ブライズメイドはノースリーブでもかまいません。
また、服をそろえるだけでなく、ブライズメイド用のブーケをおそろいにしたり、髪型をおそろいにしたりするのもおすすめ。

ブライズメイドのおすすめファッション

リゾートファッションKAILAでは、ブライズメイドにおすすめのドレスを取り扱っています。ハワイで注目を浴びているセレクトショップAngels by the Seaとコラボした、数々のセンスの良いリゾート感あふれるラインナップに、ご満足いただけること間違いありません。
普段使いもできるのでおすすめです。ぜひ、ブライズメイドファッションの参考にしてください。

https://resort-fashion-kaila.com/

沖縄ウェディング・結婚式にお役立ち

沖縄ウェディングお役立ちコンテンツINDEXへ

Page Top